魚介とトマトの旨みたっぷりのブイヤベースをサフランやエシャロットをつかわない、ご自宅で作りやすいレシピに改良しました。シンプルな材料ですが、充分においしくいただけます!バケットをたっぷり用意して楽しんでくださいね。

材料(4人分)

  • エビ(頭付き)       4尾
  • あさり           250g
  • 白身魚           3~4切れ
  • ワタリガニ         お好みの量
  • ベーコン          2~3枚
  • にんにく          2かけ
  • 白ワイン          200㏄
  • 無塩トマトジュース     300~400㏄
  • オリーブオイル       大さじ2
  • 小麦粉           小さじ2
  • 塩             少々
  • パセリ           少々

 

1.あさりは砂抜きし、有頭エビは殻付きのまま背ワタを抜き、魚は食べやすい大きさに切る

2.魚が塩漬けでない場合は塩やクレージーソルトで下味をつける。ビニール袋に小麦粉と切った魚を加え空気をたっぷり入れて軽く振る

3.分量外のオリーブオイルを中~強火で熱したフライパンで2を皮の面から順に両面をサッと焼き、皿にとっておく

4.ザルにワタリガニを入れ、熱湯をかけてぬめりを流す。同じ要領でエビも処理する

5.鍋にオイル、にんにくを入れ弱火で熱し、泡が出てきたら少しだけ火を強めてベーコンを炒める

6.ワタリガニ、あさり白ワインの順で5に加えてフタをして貝が開くまで蒸す

7.貝が開いたら、エビを加え1分ほど蒸してトマトジュースを加える

8.沸騰したら魚を加え、少し煮詰めて塩で味を調えて完成!パセリを散らしましょう

POINT

  • 鍋はできるだけ厚手のものを使い、弱火で調理するのが成功のポイントです
  • 砂抜き、背ワタとり、臭み取りなどシーフードの下処理をしっかり行いましょう
  • 白身魚は脂と臭みの少ない鯛やタラ(特に甘口の塩ダラ)がおすすめです
  • 有頭エビはアルゼンチン産の刺身用赤エビがおすすめです
  • 冬場はあさりをカキに変えてもOKです。その場合は火を通しすぎないよう注意!
  • 魚に小麦粉をまぶすとき、骨でビニールが破れてしまうことがあるので、小麦粉がこぼれても大丈夫な場所で行いましょう
塩漬けのタラを使えば塩を入れなくても、とても濃厚で丁度良い塩加減になるのでおすすめです。ホールトマトなどを使って、酸味が気になるときは、少し砂糖(はちみつなど)を加えるとまろやかになります。パセリが余った時はにんにくと一緒に細かく刻んで、室温に戻したバターに混ぜてパセリバターとして楽しんでみて下さい!

 

  あさりと豚肉のアレンテージョ風 ブイヤベースが好きならぜひこちらも!
あさりと豚肉のアレンテージョ風のレシピは画像をクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です