DEliKU KITCHEN(デリークキッチン)では「作る専門の cooking class 」「食べる専門の home party 」を開催しています。

こちらは 2014年5月18日に開催した「作る専門の cooking class 」です。

 

 

だし教室をやることになったきっかけ

かつおぶしと昆布からだしを取るのって、やってみたい気持ちはあっても、中々いざやる!。。。ってなると手がでないという方も多いんじゃないでしょうか???

実をいうと私自身もその中のひとりです。

いつも「だしパック」でちゃちゃっと済ませることが多いのですが、実家に帰ったときにちゃんとだし汁を取って作られたみそ汁を飲んで、うまみの違いに感動!

もう、ひとくちだけで「あ、違う!!」ってわかりました。だしパックは便利だけど、やっぱり手間ひまかけたおだしとは全然違いますね。

コレは、ぜひいろんな人に実感してもらいたい!
と、DEliKU KITCHEN の第1回目の内容にぴったりな気がして迷わず開催することになりました。

この会では、本来のだしの旨みをしっかりと実感していただくために、料理教室のいちばん始めに、「顆粒だしで作ったみそ汁」と「その日の朝に取っただしで作ったみそ汁」の飲み比べてもらったのですが、

さて、どちらがかつおと昆布で取っただしでしょうか? のクイズはもちろん全員正解でした。

 

この頃流行ってた塩麹の陰で、ひっそりと売られていた「しょうゆ麹」

ちょうどこの頃「塩麹」が全盛期だったのですが、そんな塩麹には目もくれず、わたしは、「しょうゆ麹」一筋でした。

使い方としては、塩麹とほとんど変わらないのですが、普通のしょうゆ代わりに使える上に、麹のほんのりした甘みのおかげで、糖分を減らせるのにおいしさキープのメリットが!

煮物などの料理にも大活躍で、白砂糖を使わない主義のわたしには何ともありがたい調味料なんです。

当時、塩麹レシピは検索すれば山ほどあったけど、しょうゆ麹レシピは少なかったこともあり、だしを使った4品(みそ汁、たけのこごはん、だし巻、おひたし)とサーモンのしょうゆ麹漬けのメニューが出来上がりました。

 

当面は、基本的には日本語だけでやってく予定ですが、ご希望があれば外国の方が参加できる英語でのクラスも対応できます。

もちろん、日本語で同じ会をもう1回!というのもOKですので、ご希望があればぜひお知らせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です